ドイツ、イギリスの1年生

ヨーロッパ1年生コースのドイツとイギリスのお子様のレッスンの様子です。

最初の5分はお話タイム。この時間は、テーマを決めてお話をします。

先日は11月の日本のイベント、七五三のお祝いの意義を確認しました。

すると、着物を見てふと何かを思い出したイギリスのお子様が「学校でも、着物を着て、お茶をたてるレッスンをしてるよ。」とスマートフォンを見せてくれました。

上の写真は、イギリスのお子様がスマホの動画をシェアしているところです。

ドイツのお子様も食い入るように動画を見ています。

 

9月の半ばからレッスンが始まりましたが、二人はとっても仲良しで、お互いの習い事や学校、旅行の話などをして笑い合っています。同じヨーロッパでも文化の違いがあるようで、それが「面白い!」と素直に感じてくれているようです。

 

今後も、お子様が楽しみながら日本語の力が向上できるよう、こちらもレッスンの内容や指導技術を高める努力を怠らないよう、がんばります(^^)/

関連記事

  1. 観察カードはじめました

  2. 微笑ましい一コマ

  3. 幼稚園コース生徒様募集中(2019年1月~スタート)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。