よくあるご質問

いつからでもレッスンを開始できます。他のお子様も途中から新しいお友達ができることを、心から楽しみにしています!お気軽にお問い合わせください。
基本的には日本語補習校と同じ条件です。常日頃から保護者の方と日本語でコミュニケーションを取り、日本語でのやりとりができるのであれば、問題ありません。ご心配な方はお気軽にお問い合わせください。
いいえ、同じ学年・地域のお子様を待っていただく必要はございません。 プライベートレッスンになりますが、レッスンをスタートすることができます。お友達が入ってきた時点でグループレッスンに切り替えることができます。
基本的には時間帯は17時~21時(生徒様の現地時刻)の間です。ですが、住んでいる地域の時間帯が合わなければ、他のコースをお選びいただけます。(例えばインドのお子様がヨーロッパコースに入るなど。)カウンセリングの際に、ご希望の曜日と時間をお聞きし、可能な限り対応させていただいております。グループレッスンは、一度スタートすると曜日と時間の変更ができにくくなります。 3月と8月に曜日や時間の見直しを行うため、対応がしやすい時期となります
無料体験レッスンは一対一の30分レッスンです。レッスン後にフィードバックをしております。お子様の日本語力を把握した上でアドバイスや適切なコースをご案内させていただいております。 また、ご希望学年のグループレッスンを見学していただくことも可能です。
本校では、録画機能がついているSkypeを使ってレッスンを行っております。(WebEXおよびGoogleのグループ通話Hangoutsも使用可)。使用方法につきましては面談の際に作業をしていただきながら説明いたしますので、ご安心ください。
基本的には慣れるまではそばにいてあげてください。お子様も安心してレッスンに臨めることと思います。慣れてきましたら、起動時・レッスン終了時以外は、お子様一人でレッスンを受けていただきます。そちらのほうが、保護者の方を頼らず、自分の力で日本語を使おうと努力する姿勢が育つと考えております。ただ、ネット&PCを使用してのレッスンのため、時折、不具合が生じることがございます。そのため、お子様が声をかけましたら対応できるようお願いいたします。
お子様が、先生やお友達の声を聞き取れるようでしたら、必要ありません。
補習校で使われる「国語の教科書」をメインに使用します。「国語の教科書」は、各自、各国の日本大使館にお問い合わせいただき、ご入手ください。(無料です。) ノートは国語や漢字ノートがあればそちらをご用意ください。もしご家庭になければデータを送りますので、増刷してください。また、その他の教材として先生方が作られたプリントなどがございます。レッスン前にデータをお配りいたしますので、保護者の皆様にはお手数ですが、印刷をお願いしています。(ひらがなや漢字などのフラッシュカードは、印刷をしなくともタブレットで練習をしていただくことが可能です。)
通常の補習校では、週1回の授業で1週間分の宿題を出します。そのため、量が多いなと感じられるかもしれません。本校では、週2回のレッスンがありますので、宿題も2回に分けて出すことになります。お子様のレベルやご要望にもよりますが、現地校の宿題も踏まえながら、無理のない量を出させていただきます。もし、多いなと感じた場合は、講師または運営までお問い合わせください。
欠席した生徒様には録画対応をさせていただいております。欠席したレッスンは、後日録画を見ながら、レッスンを受けることができます。(プライベートレッスンの場合は先生とご相談していただき、振替日を設定できます。) また、先生側による休講の場合は、日程調整していただき、振替日を設定させていただきます。
支払いはpaypalでお願いしています。もし、アカウントをお持ちでない場合もこちらでご説明いたします。(簡単なステップで5分ほどでおつくりいただけます。)
入会金は無料です。また、レッスンでは無料で配布されている「国語の教科書」を使用します。もし、「国語の教科書」をお持ちでなければ各国日本大使館にお問い合わせください。 また、授業等で使うプリントなど、基本的にはこちらで用意したものを使用していただくため、こちらも無料となります。
はい、授業料を10%割引させていただいております。